組織内承認と市場承認

森友問題についての古賀茂明さん記事

「改ざんを行う役所のしきたり 『君も悪だなあ』で上出来」

で思う事があった。

 

公務員は雇用不安が無いので安泰なのかと思っていたら、全くそうではなく、組織内での厳しい処世術が求められる様子が説明されている。

 

考えみればごもっともな話だ。

 

なにがごもっともかと言えば、人間はどんな環境にいても、今よりも有利な状況を求めてしまうものだという事だ。

 

私のように常に雇用不安と隣り合わせであれば雇用の安定を願っているが、一方で役人はと言えば雇用不安がない代わりに、負け組組織へ追いやられる不安と隣り合わせなのだ。

 

いや、現場レベルの人間は役人も実務にプライドを持ってやっているのだろう。

 

権力者と直接接する層やその層に関連する層が中心的に組織のパワーロジックで行動しているのだろう。

 

ということは、一般企業であっても大企業は同じような状況だという事だ。